くまの町家リノベ&子育てブログ

リノベーション・子育てのことを書きます。

【妊娠】意外と必要ない?!買ってよかった最小限マタニティ用品

f:id:kumanose:20220116142857p:plain

こんにちは!2人の子供(2歳半、0ヶ月)を育てている、くまです。

くまくん

マタニティ用品って高いクマよね。しかも妊娠が終わったら着れないデザインばっかりクマ。

 

今回は、2回の妊娠期を振り返って、マタニティ用品って思ったより最小限でいいんじゃない?!という気付きがあったので、

マタニティ用品で買ってよかったものを書いていこうと思います。

雷鳥くん

産後、買ってよかった子育て用品の記事はこちら!

 

 

kumanose.hatenablog.com

 

 

  • NEW BALANCE 996

15000円くらい

 

これが本当に最高に買ってよかったです。もはや他のマタニティグッズは買わなくていいからこれだけ買って欲しいくらいです。

妊娠中・産後の体型崩れ防止にとてつもなく役に立ちました。

 

上の子の時は、5年くらい履いて底がすり減ったスニーカーで妊娠中も産後も過ごしていました。妊娠前もそんなに姿勢がよくなかったので、変な底の減り方をしていたんですね。

 

しかし、妊娠・出産後で骨盤がガタガタになり、重心や身体の使い方も自分では気づかないうちに大きく変化していました。

 

そんな時に履いている靴が、不良姿勢の時の靴だったため、O脚がひどくなり、「THE産後体型」になってしまいました。

 

妊娠・出産における骨盤の開きと、それを支える足裏がすり減っていたせいで、ものすごい内股になってしまっていたのです。

 

今まではなかった、大転子が外に張り出して、スキニージーンズが全く似合わなくなりました。

 

そして扁平足(土踏まずが消失した状態)になり、上半身にまで影響...完全なオバサン体型になっていました。

 

New Balanceは、扁平足のアーチサポートインソールや矯正靴のメーカーとして生まれた会社です。

 

下の子の妊娠がわかってすぐにこのNewBalance996を買いに行き、妊娠中もこれを履いて歩いていたら、産後のO脚具合が段違いでした。

 

靴は本当に大切です。

 

 

基本的に着る物は、下着だけ買い足しました。

 

「マタニティウェア」とか「産後も使える授乳トップス」とか、いろいろ出ていますが、

産後に母乳が絶対出るとも限りませんし(私は全く出なくて完ミになりました)

10ヶ月のために買うにはコスパが悪いと思いました。

 

私は基本「マタニティ用インナーセット」+「ゆるいワンピース」(もしくは、「ワンサイズ上のボトムス」)でほとんど乗り切りました!

 

また、大きくなるのはお腹だけなので、トップスは今まで使っていたものがそのまま使えました。

 

ボトムスはウエストがヒモタイプになっているゆるいものの、XLサイズ(ふだんはMサイズ)を買うことで乗り切れました。

 

 

  • ユニクロ マタニティショーツ(ハイライズ)

790円

妊娠初期から臨月まで使えました。黒とグレーを2枚ずつ購入。

 

身長160センチ、妊娠前体重48キロ→臨月56キロでしたが、Mサイズでちょうどよいくらいでした。

 

よく伸びるし、肌触りもよく食い込みもなかったです。

 

ハイライズタイプはお腹全体を覆ってくれるので、保温効果もありました。

 

我が家は全自動洗濯乾燥機を導入していますが、乾燥機で毎日ガンガン乾燥しても全くへたりませんでした。

 

  • ユニクロ ブラトップ

990円(※6月末くらいの当時セール価格)

2ヶ月〜3ヶ月あたりのつわりが辛くなってきて、下着の締め付けで気持ち悪くて吐いてしまいました。

 

ユニクロのブラトップはホールド感ありながらよく伸びるので、つわりが楽になって本当によかったです。

 

実店舗に行って、店員さんに試着OKですか?と聞くとOKとのことだったので、めちゃくちゃ試着させてもらいました...(店舗によって対応が違うかもしれませんのでご了承ください)

 

決め手になるのはアンダーバストで、内側のカップがゆるすぎず、かつ気持ち悪くならないようなXLサイズを購入。

 

セールで990円に値下がりしていたので、3着買いました。

 

こちらも乾燥機ガンガンOKで、初期〜臨月まで大活躍でした。

 

 

  • ユニクロ ヒートテックマタニティレギンス

1,990円



1人目は2月に出産予定だったので、臨月に近くなるほど寒くなりました。

 

ヒートテックのマタニティ用が本当によかったです。

 

身長160センチ、妊娠前体重48キロ→臨月56キロでしたが、Mサイズでちょうどよいくらいでした。

 

2人目は6月に出産予定だったので、臨月近くなったらレギンスなしでゆるいボトムスだけを着ていました。

 

こちらも乾燥機ガンガンOKです。

 

母子手帳ケース

  • 無印 ナイロンメッシュケース A5

490円

https://www.muji.com/public/media/img/item/4550182263671_1260.jpg

 

母子手帳用ケースに何千円もかけるのがあほらしかったので、無印のナイロンメッシュケース(ポケット付き)A5サイズを愛用しています。

 

私の自治体の母子手帳と補助券はB6サイズなので、ひとまわり大きければよいだろうということでA5サイズ。ちょうどです。

(※中身がいっぱいだと取り出すのがちょっと大変)

 

中の小さいポケットは、診察券や保険証がちょうど入る大きさです。

 

丈夫なので通院でもらう領収書やエコー写真の一時保管にもお役立ち。

 

メッシュなので中身が見えて、「診察券入れ忘れた!」なんてことがないのもよかったです。

 

産院ではA4の紙(案内や重要な提出書類)をもらうことが多いので、半分に折れば入ります。

 

クリーム

  • メンソレータムAD

https://jp.rohto.com/-/media/com/ad/ad-cream/img_124312_01.jpg?la=ja-jp&rev=c36ce35dbe904e6fadf926b8907f6a18

妊娠線は出ませんでしたが、お腹が大きくなるにつれ、背中の皮膚がひっぱられたり、服との擦れが発生するため、けっこうな痒みに襲われました。

風呂上がりに赤くなっているところに塗ると、翌日には赤みが引いているというすぐれもの。以前バイトしていた薬局で薬剤師さんに教えてもらった秘密兵器です。

これがあれば冬の妊娠は乗り切れます。

 

まとめ

ほんとにこれだけで大丈夫?という声が聞こえてきそうですが、本当にこれだけで10ヶ月過ごしてきましたので、最小限でいくならマタニティ用品なんてこんなもんで足りました。

かわいさや、さらなる快適さを求めるなら、マタニティ服を買うと良いと思います。結局一時的なものなので、そこにお金をかけるより、子供の教育資金を貯めた方がいいのではないかなというのが個人的な感想です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。